1. TOP
  2. 身長の情報まとめ
  3. 夏休みに身長を伸ばそう、小学生と中学生が注意すべきことは?

夏休みに身長を伸ばそう、小学生と中学生が注意すべきことは?

夏休みに身長を伸ばしたい!

そう考えている小学生と中学生の子供が特に注意すべきことや、実践すべきことにはどのような項目があるのでしょうか。

 

夏休み明けの2学期に友達よりも、

身長が低くなっていたり、身長の伸びで負けないために意識すべき生活習慣や行動を徹底解説。

 

夏休みでしっかり身長を伸ばした子供をお持ちのお母さんは、この記事を読んで夏休みの過ごし方を考えてあげてください。

夏休みだけでも子供の身長は急激に伸ばすことができる

最初に言っておきますが、

夏休みの過ごし方でお子様の身長の伸びは大きく変わります。

 

普段どおりの生活をしている子供と、

身長が伸びやすい生活習慣で過ごした子供の間で身長が伸びる幅が異なり、夏休み明けに友達に一気に抜かされてしまったり、その逆で身長を抜かすことも可能でしょう。

 

ただ現実的な話として、

夏休みだけで10cmも身長が伸びることはなく、2〜3cmも伸ばすことができればそれで十分だと理解してください。

 

5cm以上も1ヶ月で身長が伸びてしまうと、

成長痛がひどくなったりすることもあるので、お子様が足が痛いと感じたり、成長痛がストレスになって、その後の身長の伸びにも悪影響を与える可能性もあります。

 

夏休みで何センチ伸びるのかも大事ですが、

短期的な視点だけではなく、夏休み以降の身長の伸びにも良い影響を与える生活習慣を手に入れる期間だと考えた方がよいでしょう。

 

成長期が終わるまでの期間は、

子供の身長が伸び続けますので、夏休みで良い生活習慣にリセットすることで、その後の身長の伸びを効率化して、最大限まで身長を伸ばせるようにしてあげてくださいね。

小学生も中学生も夏休みの睡眠習慣を改善しよう!

睡眠習慣を改善する目的はふたつ、

 

  • 性ホルモンの分泌を抑制して早熟化を予防
  • 成長ホルモンの分泌量を増やし成長を促進

 

この2点を改善することができるのが、睡眠習慣を早寝早起きにすること。

 

小学生でも1年生・2年生・3年生は早熟化予防を軸にして、4年生・5年生・6年生は早熟化予防+成長ホルモンを意識したもの。

 

中学生は成長ホルモンの分泌量を意識しつつ、性ホルモンの分泌量を抑制することで、成長期の進行を緩やかにすることが大切です。

 

夏休みは普段よりも時間がありますし、

塾や部活で忙しい子供も、学校がない分だけ自由にすることができる時間が増えますので、夜更かしよりも早寝に意識を持っていきたいところ。

 

夜更かし型の生活習慣になってしまうと、

朝は起きないので朝ごはんを食べず、夜は夕食後に起きている時間が長く夜食を食べるという悪い食習慣を実行することになります。

 

身長を伸ばすという意味では全く効果のないことなので、そういった生活習慣にならないように注意しましょう。

 

あまり意識していないかもしれませんが、

食後の血糖値の変化でも成長ホルモンが分泌されますので、1日3回の成長ホルモンの分泌のタイミングも無駄にしないことが大切です。

睡眠習慣の改善で性ホルモンの分泌を抑制して早熟化を予防できる

夏休みこそ早寝早起きの睡眠習慣をおすすめする理由が、睡眠ホルモンのメラトニンの持つ作用を最大限に活用したいから。

 

朝起きて朝陽を浴びることで体内時計をリセットでき、その15時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されることで、自然と眠くなるという性質を持っています。

 

早寝早起き+朝陽を浴びる生活習慣が基本。

メラトニンの作用は睡眠を司るだけではなく、性ホルモンの分泌量を抑制する作用もあります。

 

規則正しい睡眠習慣だとメラトニンはしっかり分泌されますが、睡眠習慣が不規則だったり、乱れているとメラトニンの分泌量が減少。

 

性ホルモンの分泌抑制作用を発揮できずに、

性ホルモンが垂れ流し状態になってしまい、子供の性成熟がどんどん進んでしまい、成長期や思春期の到来が早まってしまうことに。

 

すでに成長期や思春期を迎えている子供にも言えることで、メラトニンが分泌されれば、それだけ性成熟の進行を緩やかにできるので、身長を伸ばす期間を伸ばせるということです。

 

ちょっとしたことかもしれませんが、

こういったことの積み重ねでしか、子供の身長の伸びを最大化することはできませんので、しっかり考えてあげてください。

 

またメラトニンは幸せホルモンのセロトニンを材料に作られますので、セロトニンの分泌量を増やすことも効果的です。

 

セロトニンはウォーキングなどのリズム運動を30分以上続けると分泌されやすくなりますので、夏休みだからとダラダラするのではなく、身体を動かすことも必要でしょう。

睡眠習慣の改善で成長ホルモンの分泌量を増やし成長を促進しよう

小学校高学年から中学生(高校生)までの身長の急激な伸びが起こるのは、成長ホルモンが分泌されることで、身長の伸びを促進するから。

 

以前は睡眠のゴールデンタイムという話がありましたが、細菌は睡眠直後の3時間でほとんどの成長ホルモンが分泌されることがわかっており、何時に寝ても変わらないと言われています。

 

しかし睡眠習慣が乱れることは、メラトニンの分泌量を抑制し、子供の成長に悪影響を与えますので、夏休みでも規則正しい睡眠習慣を実践したいところ。

 

睡眠時間もしっかり確保することで、

日々の活動で破壊された細胞の修復や、新しい細胞の作成もしっかり行われて、身長が伸びやすい状態になります。

 

成長ホルモンさえ分泌されれば身長が伸びると誤解しているお母さんも多いですが、成長ホルモンだけがお子様の身長を伸ばす要素ではありません。

 

新しい細胞を作るためにも、

最低でも8時間程度の睡眠時間は確保したいですし、小学校低学年なら9時間以上は必須でしょう。

 

中学生や高校生でも夏休み期間だけでも目指せ8時間、最低でも7時間以上はしっかりと寝かせるようにしてください。

 

成長ホルモンの分泌量を確保し、

その作用でしっかり身体を成長させるための睡眠時間を確保することが、夏休み期間中に身長をしっかり伸ばすことに繋がりますよ。

小学生も中学生も夏休みに食習慣を改善しよう!


性ホルモンの分泌量を抑制し、成長ホルモンの分泌量を増やしたら、次に意識することは食事での栄養摂取です。

 

夏休みに何を食べるとよいのかといえば、

タンパク質を中心に栄養バランスに優れた食事を過程で食材から調理したもの。

 

逆に注意すべき食事内容は、

 

  • インスタント食品
  • レトルト食品
  • 冷凍食品
  • ファーストフード
  • スナック菓子や清涼飲料水

 

こういったものばかり食べていると、

成長に必要な栄養素を補給できずに、成長ホルモンがどれだけしっかり分泌されても身長を伸ばす際に必要な栄養素が不足して、夏休みの身長の伸びを最大化することができません。

 

これは本当に大切な部分ですので、

子供しか家にいないので、カップラーメンやインスタントラーメンで過ごさせるなんてことは止めましょう。

 

食習慣の改善はお母さん次第。

朝ごはんも昼ごはんも夜ごはんも基本的にメニューや献立を決めるのはお母さんですし、冷蔵庫に何を入れておくのかもお母さんの選択次第。

 

インスタント食品多数+スナック菓子ばかりでは、給食のない夏休みの栄養補給ができませんので、その部分はしっかり考えてあげましょう。

食事で栄養補給できない分はサプリメントも活用しよう

食材から調理してご飯を食べさせることの大切さを理解していても、あまりにも忙しくて毎日栄養バランスの整ったご飯を食べさせることができない家庭もあるでしょう。

 

成長期の小学校高学年から中学生にかけての時期は、普段の食事だけでは成長に必要な栄養素のすべてを補給するのは難しい状態です。

 

それを理解しているお母さんは、

最近流行りの身長サプリメントを活用し始めていますが、ここで大切なことはどんな商品選びを行うのかということ。

 

身長サプリメントの選び方の基本は、

実際に摂取できる栄養素を調べ、原材料に天然成分をしっかり含有しているものに限定すること。

 

そうすることで食事で摂取しきれない分の栄養補給を、身長サプリメントで行うことができますので、間違った選び方をしないように注意しましょう。

 

またお子様の年齢によって必要になる栄養素の量が異なりますので、年齢に合わせた商品選びも行うようにしてくださいね。

 

栄養補給+成長ホルモン+睡眠時間の確保は、

夏休みという限られた期間で身長の伸びを効率化&最大化するために必要な条件ですので、この3つをしっかり意識した生活習慣に改善しましょう。

夏休みは子供をストレスから開放してあげることも大切。

子供は大人が気づいていないところでストレスを感じていたり、慢性的なストレス状態で過ごしていることもあります。

 

ストレス過多の状態が続くと、

自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になることで、睡眠の質が低くなり成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうことも。

 

どれだけ睡眠時間を確保しても睡眠の質が悪ければ、成長ホルモンの分泌量は限定されますので、夏休みで身長を急激に伸ばすことはできません。

 

普段は学校と部活、塾の往復で手一杯になっているかもしれません。

 

しかし夏休みは自由にすることができる時間が増えますので、普段はできないようなことを体験させてあげたり、ゲームなど好きなことをさせてあげることも必要でしょう。

 

一日中、そんな状態で過ごしているのは問題ですが、普段よりはリラックできる時間、ストレスから開放される時間を増やしてあげてくださいね。

 

慢性的なストレス状態は、

子供の肉体的にも精神的にも良い影響を与えませんので、少しでも身長を効率的に伸ばすためにも、リラックさせてあげましょう。

夏休みの生活習慣の改善がその後の伸びにも影響する

夏休みは時間的な自由があることで、

生活習慣を改善したり、睡眠時間を確保することができる非常に大切なタイミングです。

 

今回紹介したことを意識して生活するだけでも、夏休み期間中の身長の伸びがよくなると思いますが、大切なことはそれを普段の生活にも反映すること。

 

夏休みに良い生活習慣を身につければ、そのまま2学期以降の生活習慣に反映させることもできますし、その逆も考えられます。

 

良い生活習慣を続けると、その後の身長の伸びも最大化されますが、悪い生活習慣を続けてしまうと、身長の伸びが鈍化したり止まってしまうことも。

 

特に睡眠習慣と食習慣は大切です。

この2点を気をつけるだけでも、成長期が終わるまでの身長の伸びは大きく変わりますので、夏休みをきっかけに良い習慣に改善してください。

 

そうすれば成長期の1年だけで、10cm程度も身長を伸ばすことができるでしょうし、成長期を通じて30cm以上も伸びる可能性も出てきます。

 

身長を伸ばす薬もありませんし、

これだけを食べたら良いとか、これを実践すれば確実に身長が伸びるという方法もありませんので、身長が伸びやすい生活習慣で過ごし続けることが一番大切。

 

夏休みはよく動き、よく食べ、よく眠る。

簡単にいえば、そういうことですので、子供が子供らしく過ごすことができれば、きっと身長の伸びにも良い影響が出ますよ。

夏休みに身長を伸ばそうの記事まとめ

夏休みは子供の生活習慣を改善するチャンスですし、夏休みの過ごし方次第で子供の身長の伸びは変わってきます。

 

今回紹介したことはどれも基本的なこと。

しかしそれができていない現代だから、身長が伸びなくて悩んでいるお母さんやお子様が増えています。

 

夏休みを良いタイミングだと考えて、家庭でできることから改善してみてくださいね。

 

  • 夏休みだけでも子供の身長は急激に伸ばすことができる
  • 小学生も中学生も夏休みの睡眠習慣を改善しよう!
  • 小学生も中学生も夏休みに食習慣を改善しよう!
  • 食事で栄養補給できない分はサプリメントも活用しよう
  • 夏休みは子供をストレスから開放してあげることも大切。
  • 夏休みの生活習慣の改善がその後の伸びにも影響する

 

新学期になって友達に身長が抜かされたと気づくと結構ショックですよね。

 

私もそういう体験をしていますし、

クラスメートにも急に身長が大きくなって、みんながびっくりしていた人もいますので、夏休みをうまく活用してください。

 

くれぐれも悪い生活習慣だけは身につけさせないように注意してくださいね。

▼▼成長期の子供に身長サプリメント▼▼

中学生の息子に身長サプリメントを飲ませた体験談を紹介!

実際にどんな変化があったのか、なぜその商品を選んだのかをこの記事で解説しています。

カラダアルファを中学生の息子が3ヶ月飲んで感じた効果

▲▲成分の99%が成長に役立つ栄養素▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

カラダアルファを中学生の息子が3ヶ月飲んで感じた効果と口コミは?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダアルファを中学生の息子が3ヶ月飲んで感じた効果と口コミは?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長はいつまで伸びるか?男子と女子で違う平均年齢を徹底解説

  • 止まった身長を伸ばす方法は?本当に伸びることはあるのか?

  • 誤解だらけ!アルギニンは食べ物や食品で摂取しないと意味なし効果なし

  • チーズとヨーグルトと牛乳、身長を伸ばしたい子供のおすすめは?

  • 思春期が早まり早熟な子供が増え、低身長で悩む原因になる?

  • 牛乳を飲めば身長が伸びるは間違った情報だって知っていますか?